要介護者・要支援者からの相談・状況等に応じ、以下のサービスを提供します。

1.居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
要介護者・要支援者が在宅サービス・施設サービスを適切に利用することができるように、ご本人の心身の状況や置かれている環境、ご本人やご家族の希望等を勘案して、利用する在宅サービス・施設サービスの種類や内容、担当者等を定めた計画書を作成します。

2.居宅サービス事業者との連絡調整等
居宅サービス計画に基づく在宅サービス等が提供できるよう、居宅サービス事業者との連絡調整等を行います。

3.要介護認定のための訪問調査
市町村から委託を受けた場合、要介護認定のための訪問調査を行います。

 医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、社会福祉士、介護福祉士、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)等をはじめとする保健・医療・福祉サービスの従事者のうち、一定の実務経験があり、試験に合格する必要があります。