身体に障害のある人に対し指先や上肢機能、日常生活の行為に対して訓練を行うほか、精神的な障害や認知症のある方についても、指先を使った作業やモノを製作することを通じて心を落ち着かせるなど、心身の活性化を目指します。

 次の(1)〜(3)までのいずれかの要件に該当し、国家試験に合格し、作業療法士として登録することにより、作業療法士と名乗ることができます。OT(Occupational Therapist)と呼ばれることもあります。
(1)学校教育法による大学に入学することができる人で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において3年以上、作業療法士として必要な知識及び技能を修得した人
(2)理学療法士その他政令で定める人で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において2年以上、作業療法に関する知識及び技能を修得した人
(3)外国の作業療法に関する学校もしくは養成施設を卒業し、または外国で作業療法士の免許に相当する免許を受けた人で、厚生労働大臣が上記(1)(2)に掲げる人と同等以上の知識および技能を有すると認定した人