10月分から、65歳以上の高齢者(第1号被保険者)の介護保険料、全額徴収開始
いよいよ、10月分から65歳以上の高齢者(第1号被保険者)に対する介護保険料(第1号保険料)の全額徴収が開始される。 従来、第1号保険料については、介護保険新制度導入時の混乱を回避するため、段階的な軽減措置がとられてきた。 すなわち、平成12年4月の介護保険スタートから半年間は、保険料徴収を見送り、平成12年10月から今年9月までの1年間は、半額に減額して徴収されていた。 なお、第2号被保険者(40歳以上65歳未満)の保険料は介護保険スタート時から全額徴収されている。
(2001.10.1)