認知症を心配する家族へのアドバイス集 家族の会が無料配布
社団法人呆け老人をかかえる家族の会(国際名:日本アルツハイマー病協会)は、「家族が認知症ではないかと心配しているあなたへ〜少し介護の先輩からのアドバイス〜」という冊子を作成し、希望者へ無料(送料のみ切手で負担)で配布している。
介護者の立場から、認知症の知識や医師の診断の必要性、受診する時の家族の心構えなどをわかりやすく説明する形となっている。「今切ったばかりなのに電話の相手の名前を忘れる」「料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった」「約束や日時や場所を間違えるようになった」「些細なことで怒りっぽくなった」など、同会の作った20項目の早期発見のめやすが紹介されている。また、認知症の家族にはじめて向き合う時の戸惑いや不安、負担の大きさを配慮し、「認知症の人のために家族ができる10ヵ条」と題したアドバイスもまとめられている。

*冊子の内容や送付申し込み方法の詳細は、社団法人呆け老人をかかえる家族の会のホームページをご参照ください。
(2006.4.26)