日本人の平均寿命 過去最高に 男性79.00歳 女性85.81歳
日本人の平均寿命は、男性79.00歳、女性85.81歳と、何れも過去最高を更新したことが、厚生労働省が7月26日に発表した平成18年簡易生命表からわかった。

平成17年はインフルエンザの流行により、肺炎や心疾患を悪化させて高齢者が死亡するケースが増えたため、男女ともに6年ぶりに前年を下回ったが、平成18年は再び上昇し、男性が0.44歳、女性が0.29歳延びた。3大死因となる疾患(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患)の治療成績の向上が、平均寿命を延ばす要因になった。

平均寿命の国際比較では、女性は22年連続の世界一を維持、2位の香港(84.6歳)、3位のスペイン、スイス(83.9歳)がこれに続く。男性は平成17年の4位から、1位のアイスランド(79.4歳)に続く2位に上がり、香港(78.8歳)が次いで3位となった。

*詳細につきましては、厚生労働省のホームページより、「平成18年簡易生命表」をご参照ください。
(2007.8.1)