11月11日は「介護の日」〜厚生労働省が制定〜
介護についての理解と認識を深め、介護サービス利用者及びその家族、介護従事者等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施する日として、11月11日が「介護の日」として制定された。
名称と日にちは、意見公募を行った結果、最も支持の多かったものが選ばれ、「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、「いい日、いい日」にかけた、覚えやすく、親しみやすい語呂合わせとなっているという。
「介護の日」に合わせ、全国各地で、都道府県・市町村、関係機関・団体、事業者等による広報・啓発活動やイベント等の様々な取組が予定されている。

※詳細につきましては、厚生労働省のホームページをご参照ください。
(2008.11.4)