日本人の平均寿命更新 女性は24年連続で長寿世界一
日本人の平均寿命は、男性79.29歳、女性86.05歳と、男女とも3年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省が7月16日に発表した平成20年簡易生命表からわかった。

平均寿命の国際比較では、女性は24年連続の世界一を維持、2位の香港(85.5歳)、3位のフランス(84.3歳)がこれに続く。男性は1位のアイスランド(79.6歳)、2位のスイスと香港(79.4歳)に次いで4位となった。死因別の分析によると、悪性新生物、心疾患(高血圧性を除く)、脳血管疾患の3大死因や不慮の事故による死亡率の低下が、平均寿命の延びに影響しているという。

※詳細につきましては、厚生労働省のホームページより、「平成20年簡易生命表の概況について」をご参照ください。
(2009.7.17)