特別養護老人ホームの入所待機者は約42万1,000人〜厚生労働省調査〜
特別養護老人ホームの待機者(入所申込者)が全国で約42万1,000人に上ることが、12月22日に公表された厚生労働省の調査結果からわかった。

待機者のうち在宅で生活している人は19万9,000人(47.2%)で、病院や老人保健施設などの施設等に入院・入所している人は22万3,000人(52.8%)であった。

待機者を要介護度別に見ると、介護の必要度が高い要介護4〜5の人が約17万9,000人で全体の42.4%を占めており、うち在宅で生活している人は約6万7,000人(16.0%)であった。要介護1〜3の人は約24万3,000人(57.6%)であった。

※詳細につきましては、厚生労働省のホームページより、「特別養護老人ホームの入所申込者の状況」をご参照ください。
(2009.12.25)