第8回 「60歳からの主張」作品募集中〜全国老人福祉施設協議会〜
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会は、平成23年9月19日(月)敬老の日から11月18日(金)まで、満60歳以上の方から長い人生で見聞し、経験されたそれぞれの多様な意見を「60歳からの主張」というかたちで、エッセイ・小論文と川柳を募集している。

同イベントは、60歳を第2の人生としてのスタートと考え、より良い日本創りへの発信が期待される60歳以上の方々から多くの作品を募集、顕彰するもので、今年で8回目を迎える。これまで応募された作品には、今日の平和で豊かな国づくりの一端を担ってきた60歳以上の方々の生き方や知恵がたくさん詰まっているという。少子高齢、人口減少社会に対する社会保障制度のあり方への不安や不満、今日の日本への提言・苦言などを訴える作品はもちろん、応募者の多くが人生を楽しみ、前向きに、素敵に年を重ねているということ、自分のできる範囲の中で楽しみ、生きがいを見つけ、人生をエンジョイしているということが特徴であるという。

<第8回「60歳からの主張」募集要項>
【応募資格】
満60歳以上の男女(昭和26年/1951年12月31日以前に生まれた方)
国籍その他の資格は問わない。
【テーマ】
A.自由課題
「超高齢社会を生きる」「次の世代に伝えたいこと」「“60歳”からのエンジョイライフ」等、タイトルやテーマは自由とする。
B.21世紀の日本への提言
社会保障、年金、高齢者問題、教育、政治、スポーツ等、今のニッポンの改革への提言。
【部 門】
①エッセイ・小論文 ②川柳
【応募期間】
平成23年9月19日(月)敬老の日〜平成23年11月18日(金)消印有効
【応募方法】
①エッセイ・小論文:1500字以内。②川柳:何点でも応募可。
・封書、ハガキ、メール(info@60sai.jp)にて応募.。
・表紙に題名、住所、氏名、性別、生年月日、電話番号、Fax番号、メールアドレス、簡単な略歴、来年成人の日(平成24年1月9日)に行われる発表・表彰式に聴講希望の方は赤字で「発表・表彰式聴講希望」と明記し応募。(Fax番号、メールアドレスはお持ちの場合)
※ハガキの場合は題名を冒頭へ、必要事項をハガキの空いている場所へ記入。
※メールの場合は、件名に「作品応募」と記入。
・パソコン、ワープロ原稿可。
・個人による複数の応募可。
・応募作品は未発表のものに限る。
【応募先】
〒104-0041 東京都中央区新富1-14-8 松永新富ビル4階
「60歳からの主張」事務局 
メールの場合は「info@60sai.jp」 (件名:作品応募)

*詳細につきましては、全国老人福祉施設協議会のホームページをご参照ください。
(2011.10.5)