将来推計人口 平成72(2060)年の65歳以上人口割合39.9% 〜国立社会保障・人口問題研究所が公表〜
国立社会保障・人口問題研究所は1月30日、平成22(2010)年までの実績値をもとに、平成72(2060)年までの日本の将来推計人口を公表した。これによると、日本の人口は、平成22(2010)年国勢調査の1億2,806万人から、平成42(2030)年に1億1,662万人、平成60(2048)年には1億人を割り9,913万人となり、平成72(2060)年には8,674万人となる見通し。
年齢3区分別に見ると、年少(0〜14歳)人口は当初の1,684万人(13.1%)から791万人(9.1%)へと893万人(4.0ポイント)減少し、生産年齢(15〜64歳)人口も8,173万人(63.8%)から4,418万人(50.9%)へと3,755万人(12.9ポイント)の減少が見込まれる。一方、老年(65歳以上)人口は2,948万人(23.0%)から上昇が続き、平成72(2060)年には3,464万人(39.9%)と516万人(16.9ポイント)増加する。 (出生中位(死亡中位)推計による)


*詳細につきましては、国立社会保障・人口問題研究所ホームページより、「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」の該当資料をご参照ください。
(2012.2.2)