「新しい介護食品」の愛称を公募 〜農林水産省〜
農林水産省は、「新しい介護食品」の愛称を募集している。
介護食品の利用者は高齢者のみではなく、障がいのある子どもや高齢者まで幅広いことや、「介護食品」と言う名称に抵抗感や拒否感があることから、利用者に受け入れやすく、広く親しまれる愛称を検討し、普及させたい考えだ。「新しい介護食品」の範囲は広く、低栄養の予防につながる食品、日々の生活をより快適にする食品も含まれるとしている。

【愛称に求める内容】
・「新しい介護食品」の利用者に親しみやすく、定着しやすいものであること。
・名称と実際の食品との乖離が大きすぎないこと。
・従来の介護食品だけを指すだけでなく、幅広い新しい分野であることを表現すること。
・その主旨が、利用者に対するメッセージになり、利用者がそのメッセージを理解し共感できるようなものであること

【応募方法】
郵送、FAX、インターネットの応募フォームのいずれか。以下内容を送付する。
愛称案
なぜ、その愛称を提案したのかの理由を簡潔に
必要事項(氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住所、電話番号、職業)
 
【公募期間】
平成26年8月11日〜平成26年9月16日まで


*詳細は、農林水産省のホームページより下記のページをご参照ください。
「新しい介護食品」の愛称公募について
(2014.8.25)