「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」に対する「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意を
厚生労働省(簡素な給付措置支給業務室・子育て世帯に対する臨時特例給付措置支給業務室)は、「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」・「子育て世帯臨時特例給付金」に対する「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」に注意を呼びかけています。

消費税率の引上げによる影響を緩和するため、平成27年度も「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」・「子育て世帯臨時特例給付金」が支給される予定ですが、まだ申請を受け付ける段階ではなく、具体的な申請の方法などが決まり次第、広報されます。

≪ご注意ください≫
●市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
●ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは 絶対にできません。
●市町村や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」や「子育て世帯臨時特例給付金」を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。
●現時点で、市町村や厚生労働省などが住民の皆様の世帯構成や銀行 口座の番号などの個人情報を照会することは、絶対にありません。
ご自宅や職場などに市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず、お住まいの市町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))に御連絡ください。

*詳細は、厚生労働省のホームページより、下記のページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/140304-1.pdf
(2015.4.17)