平成27年8月1日から介護保険の費用負担が変わります
 平成27年8月1日から介護保険の費用負担が変わる。これは、「持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律」に基づく措置として、地域における医療および介護の総合的な確保を推進するための一環として行われるものである。

具体的には・・・
”蘆干箙腓変わる
一定以上の所得のある方は、介護サービスを利用した時の負担割合が1割から2割になる。
負担上限が変わる
世帯内に現役世代並みの所得がある高齢者がいる場合、月々に負担の上限が37,200円から44,400円になる。
食費・部屋代の負担軽減の基準が変わる
食費・部屋代(室料+光熱費)の負担軽減を受けられる方が、非課税世帯の中の預貯金などの少ない方に限定される。
ど屋代の負担が変わる
特別養護老人ホームの相部屋に入所する課税世帯の方等は、室料相当の額を負担する。

厚生労働省ポスターはこちら

負担割合の詳細はこちら

負担上限の詳細はこちら

食費・部屋代の詳細はこちら

部屋代負担の詳細はこちら
(2015.7.10)