インフルエンザ予防対策は日頃から
  厚生労働省は、この冬のインフルエンザの流行に備え、「今冬のインフルエンザ総合対策」を取りまとめた。ここでは、インフルエンザに関する情報を提供するとともに、適切な対応を呼びかけている。
  季節性インフルエンザのウイルスは3種類 ≪A(H1N1)亜型 ※平成21年に流行した新型インフルエンザと同じもの A(H3N2)亜型 ※いわゆる香港型 B型≫ あり、いずれも流行の可能性がある。高齢者のインフルエンザは重症化することがあるため、しっかりと予防をすることが重要。予防の1つとしてワクチン接種を受けた高齢者は死亡の危険が1/5、入院の危険が約1/3〜1/2まで減少することが期待できるとされている。

≪インフルエンザを予防する有効な方法≫
・流行前のワクチン接種
・手洗いやアルコール製剤による手指衛生
・感染を広げないための咳エチケット
・部屋に適度な湿度を保つ
・十分な休養とバランスのとれた栄養
・無用に人混みに入らない    など


厚生労働省「平成27年度今冬のインフルエンザ総合対策」のページはこちら
インフルエンザ流行レベルマップはこちら
高齢者のインフルエンザ対策リーフレットはこちら
(2015.12.10)