地域みんなで介護予防 〜総合事業ってなんだろう〜
平成27年4月に介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業といいます」)がスタートしてから1年、その広がりは着実に進んでいます。(総合事業は平成29年まで開始猶予があります)

総合事業とは…
 市町村が主体となって、
   介護予防・生活支援サービス事業
   一般介護予防事業
 を行うものです。


≪どんな方が利用できるの?≫
介護予防・生活支援サービス事業
  ・要支援の認定を受けた方
  ・基本チェックリストと呼ばれる簡易な確認で該当になった方
一般介護予防事業
  ・65歳以上のすべての方と、その支援のための活動にかかわる方

≪どんなサービスが利用できるの?≫  *サービス内容は市町村ごとに異なります
介護予防・生活支援サービス事業
 ・訪問型サービス  
   たとえば・・・掃除、生活必需品の買物、食事の準備や調理、衣類の洗濯など 
 ・通所型サービス
   たとえば・・・体操(生活機能向上、筋力向上トレーニング)、栄養改善食事指導 など
 ・生活支援型サービス
   たとえば・・・栄養改善のための配食、1人暮らしの方の見守りなど
 ・介護予防ケアマネジメント
   たとえば・・・総合事業によるサービスが適切に行えるようなマネジメントなど

一般介護予防事業
 ・介護予防把握事業
   たとえば・・・掃除、生活必需品の買物、食事の準備や調理、衣類の洗濯など 
 ・介護予防普及啓発活動
   たとえば・・・体操(生活機能向上、筋力向上トレーニング)、ウオーキング講座など
 ・地域リハビリテーション活動支援事業
   たとえば・・・リハビリ専門職が介護予防を支援するリハビリテーションプログラムなど
 ・その他
   地域介護予防活動支援事業や一般介護予防事業評価事業など

高齢になってもイキイキとした毎日を過ごせるよう、住み慣れた地域で、自立した生活を送るための一歩を踏み出してみませんか。詳細は、お住まいの地域包括支援センターへお問合せください。
(2016.4.5)