仕事と介護の両立を考える  漸雜遒脇輿海笋辰討る〜
介護は誰もが直面する課題です。
そして、多くの人がまず直面するのが親の介護でしょう。

一般に75歳を過ぎると、何らかの介護が必要となる比率が高くなります。それに伴って子の世代は、40歳後半から介護に直面する人がではじめ、50代から定年までは仕事と介護の両立の時期となります。
今後、高齢者はますます増えていく一方で、兄弟姉妹の数の減少や生涯未婚率の上昇、共働きの増加などによって、親の介護を分担することは難しくなり、「自分の親は自分が面倒を見る」という覚悟が必要な時代になってきています。

しかし、介護と仕事と両立しながら自分ひとりだけで乗り越えるには、肉体的にも精神的にも厳しいものがあります。
専門家に相談したり、「介護保険制度」や「育児・介護休業法」といった介護を支援するサービス・制度などを使い、一人で抱え込まないことが何より大切です。

そのためには、介護に直面する前から、介護保険制度や勤務先の介護支援制度の内容を確認しておきましょう。
介護保険については、介護が必要となる人が住んでいる市町村の役所から介護保険のパンフレットを貰ってきて目を通しておくとよいでしょう。介護で困った時の相談先が必ず用意されていますので確認しておくと安心です。
また、勤務先の介護支援制度については、育児・介護休業法をふまえて各企業が就業規則等で制度化しています。中には法定以上の充実した内容の支援制度を持っている企業もあります。自分の勤務先がどのような支援制度を持っているのか理解しておきましょう。よくわからない場合は人事担当者などに聞いてみるとよいでしょう。

介護はある日突然やってくるもので、いつ起こるかは誰にも予測できません。介護を他人事と考えず、「いざ」という時に慌てない準備を少しずつでもしておくことが大切です。
(2016.5.10)