暑い夏を元気に乗り切ろう◆ 組乕罐肇薀屮襦
  夏は、皮膚トラブルが発生しやすい季節です。皮膚は、外部の刺激から体を守るバリア機能、水分の喪失や透過を防ぐ保湿機能、断熱・蓄熱を行う体温調節機能など、人が生きていくためになくてはならない大切な機能をたくさん備えています。暑い夏を元気に乗り切るために、皮膚トラブルを寄せつけない対処法あれこれをご紹介します。

◎なぜ、夏に皮膚トラブルが起こりやすいの?
  ・気温や湿度が高くなり、汗をかくことによって生じるムレ
     →かゆみ、かぶれ、細菌の増殖など
  ・脱水や暑さによる食欲低下による皮膚の免疫機能低下
     →褥瘡、日和見感染(真菌など)

◎皮膚トラブルを寄せつけない対処法
  ・室温を適切にして風通しを良くしましょう。
  ・皮膚の清潔を保ちましょう。
  ・汗を吸収し蒸発しやすい衣類(各メーカーからサラサラ素材が販売されています)を選択し
   ましょう。また、寝具類も吸水性が高く肌触りの良いシーツやマットを。
  ・水分と栄養をしっかり摂りましょう。
  ・オムツ交換は排泄頻度を把握して交換時間の調節をしてみましょう。
  ・オムツ交換の時は、皮膚を乾燥させてかぶれを防ぎましょう。(皮膚を強く擦らない)
  ・かゆみが出現しても、自身で掻いて皮膚を傷つけてしまわないようにしましょう。

皮膚の状態に変化がある時は、専門医の受診をしましょう。なお、処方された軟膏やクリームの使用方法はきちんと守ることもトラブルが長引かないポイントです。
(2016.7.25)