地域包括支援センターってどんなところ?
 地域包括支援センターは、地域のみなさんの健康保持や生活安定のために必要な援助を行うことで、保健医療の向上や福祉の増進を支援する場所です。

Q:地域包括支援センターはどこが設置しているの?
A:設置主体は市町村です。
 市町村または、市町村から委託を受けた法人が運営をしています。

Q:地域包括支援センターにはどんな人がいるの?
A:保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員等がいます。
 3職種が互いに連携をとりながらチームになって地域のみなさんを援助します。

Q:どんなことをしてくれるの?
A:(1)介護予防支援(介護保険対象)
    要支援に該当する方のケアプランを作成します。
  (2)包括的支援事業(地域支援事業)
    _雜醉祝疋吋▲泪優献瓮鵐閥般
    二次予防事業対象者(生活機能の低下があるため要支援・要介護になるおそれがあると
    認定された高齢者)の介護予防ケアプランの作成をします。
    ∩躪臍蠱婿抉膓般
    地域のみなさんの各種相談を幅広く受け付けて行政機関や医療機関など
    必要なサービスにつなぐ支援をします。
    8⇒擁護業務
    成年後見制度の活用促進、高齢者虐待への対応などをします。
    な餝臈・継続的ケアマネジメント支援業務
    「地域ケア会議」等を通じた自立支援型ケアマネジメントの支援をします。
    ケアマネジャーへの指導・相談等をおこないます。
    支援困難事例等への指導・助言をします。

地域包括支援センターは、地域のみなさまが気軽に相談できる場所です。
お困りのことがあれば、ぜひ活用してみましょう。

参考:厚生労働省資料はこちら
(2017.1.16)